★宇宙の法則とは?

宇宙には大きな力があって人と繋がっている。
強く心の中でイメージしたものは必ず現実となる。
同じ性質を持ったものはお互いを引き寄せる。
言葉には大きな力がある。
楽天思考が幸せを呼び寄せてくれる。


最近の記事

人の想いは時空を超える〜安堂ロイド


タイムマシンと時空の科学
テレビドラマ「安堂ロイド」
10月〜12月クールで放送され
賛否両論のドラマ、視聴率も
木村拓哉主演にしては低めで、
いろんな意見が出ていましたね。

私的にはこのドラマ、興味津々
毎週しっかり観てしまいました。

SFドラマということで一般的には
少し分かりにくい内容だったかもしれません。

けれども宇宙法則好き、アインシュタイン好き、
量子物理学大好きの人…
タイムマシン大好き、第六感や虫の知らせ、
テレパシーなど不思議大好きな人…
こんな人達にはけっこう面白かったのではないでしょうか。


ゼロからわかるブラックホール 時空を歪める暗黒天体が吸い込み、輝き、噴出するメカニズム
第5回だか6回だかに、ロイドが沫嶋教授の伝言として
大学で講義する場面がありました。

光より速く移動できるものはありません。
質量がある限り、どんな小さな粒子も
光の速さを超えることは出来ません。

光は直進しますが、重力によって空間は
曲がることが分かっています。

たとえばA地点からB地点まで、光はまっすぐ
最短の道を進んでいくのですが、AB間の空間が
曲げられていたら、光は曲線や弧を描いてB地点に
到達することになります。

そしてもし、このAB間をたとえ空間が曲がっていても、
まっすぐ最短で進むことが出来る素粒子が存在するなら…

その素粒子は光より速くB地点に到達、
すなわち光速を超えて移動したことになります。

私達はアインシュタインの理論によって
光速に近いスピードの出る乗り物で動けば、理論上
未来に行けることを知っています。
その乗り物の中では時間がゆっくり進むからです。

そしてもし光速より速く移動することが出来れば、
今度は相対性理論を覆して、私たちは過去へも
行けることになるわけです。

沫嶋教授はどうやら、この素粒子を見つけたようです。
そして2013年から100年後、2113年と通信に成功、
100年後から過去に向かってアンドロイドが送られてきたのですね。

次回に続きます。
安堂ロイド?A.I. knows LOVE??OFFICIAL BOOK


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。