★宇宙の法則とは?

宇宙には大きな力があって人と繋がっている。
強く心の中でイメージしたものは必ず現実となる。
同じ性質を持ったものはお互いを引き寄せる。
言葉には大きな力がある。
楽天思考が幸せを呼び寄せてくれる。


最近の記事

人の想いは時空を超える〜安堂ロイド-2


ヒッグス粒子と素粒子の世界
ロイドの講義によると「人の想い」も「データ」も
質量は"0"です。
最短の距離を通って未来へも過去へも到達することが
可能なのです。

すなわち人の想いは未来だけでなく、過去さえも
変えてしまえるというのです。

そして第9回の放送では沫嶋教授が東日本大震災の時に
被災地から出ていた素粒子は、実は人の想いだと気付きます。
すなわち「人の想い」の正体は素粒子だったのです。

ウォレス・D・ワトルズはこの宇宙のすべてのものは、
人がイメージすること、すなわち意思も含めて
すべて始原物質、同じものから出来ていると言いました。

アインシュタインは光は波の一種であると同時に
光子という質量0の素粒子であることをつきとめました。

人の想いが素粒子であるなら、そして過去へも未来へも
到達できるものであるなら、たとえば「虫の知らせ」も
「第六感」も「オーラ」も「テレパシー」も「言霊」も
すべて科学で説明することが出来るということになります。

宇宙の法則〜強く心にイメージしたことは
      現実となって現れる。

この法則を心理学者や宗教家だけでなく
物理や宇宙、医学など様々な科学分野の
第一人者が提唱している意味が分かったような気がします。


神の素粒子ヒッグス 究極の方程式はどう創られたか?
沫嶋教授は言いました。
「ヒッグス粒子のように物に質量、抵抗を与える粒子があるなら、
 物にマイナスの抵抗、すなわち
 動きを与える粒子があってもいいはず…」

最新の量子力学を以てしても、
私達人類は素粒子のほんの一部を知っているに過ぎません。

ただ単なる概念としてではなく
「人の想いは時空を超える」ことは、
科学的に見ても説明が付く日が来ることは間違いありません。

あなたが今強くイメージしていることは、
素粒子となって外界に飛び出しています。
そしてその素粒子は過去へも未来へも届けることが出来ます。

あなたの未来に届いた「想い」という素粒子は、
どんな奇跡を運んできてくれるのでしょうか?
安堂ロイド?A.I. knows LOVE??OFFICIAL BOOK

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。