★宇宙の法則とは?

宇宙には大きな力があって人と繋がっている。
強く心の中でイメージしたものは必ず現実となる。
同じ性質を持ったものはお互いを引き寄せる。
言葉には大きな力がある。
楽天思考が幸せを呼び寄せてくれる。


最近の記事

モノにも心がある〜安堂ロイド-3


わかる時空 / 佐藤勝彦
安堂麻陽の家で壊れてしまった目覚まし時計、
どこにでもありそうな時計で
そんなに高価なものでもなさそうなこの時計を
ロイドが一生懸命、修理します。

不思議そうな顔をする麻陽にロイドがいった
言葉が印象的です。

・モノにも心がある。
・人は誰かの役に立たなくても生きていけるが
 モノは役に立たなくなったら処分される。
 だから使える間は出来るだけ長く使う。

人以外の生き物、イヌやネコはもちろん、
植物も、そして石や砂にも心があるとよく言われます。

「きれいに咲いてね」と毎日話しかけた花は
きれいに咲いてくれます。
イチゴの栽培に、おいしく出来るからと
モーツアルトを聴かす農家があります。

水にむかって「バカヤロー」などと悪い言葉をかけると
きたない水の結晶が出来、「ありがとう」「大好き」など
プラスの言葉をかけるときれいな結晶になる、
そんな写真を掲載した本も売られています。

先に紹介した「アルケミスト 夢を旅した少年」(こちらの記事です。)では
少年は砂漠の砂や風、太陽とも会話が出来るようになります。


面白くて眠れなくなる素粒子
ウォレス・D・ワトルズはその著書
富を手にする「ただひとつ」の法則
」の中で
・あらゆる元素(エレメント)は
 表面上は異なって見えても
 ひとつの元素が様々な形であらわれているにすぎない。
 この物質こそ「思考する物質」で,
 宇宙の隅々まで行き渡っているものである。

この世にあるすべてのものは元を正せば
すべて同じエレメントから出来ているのです。
ワトルズはそれを「思考する物質」と呼んでいます。

詳しくはこちらの記事をごらんください。

つまり夢を旅した少年と砂漠の砂や風や太陽は
同じエレメント「思考する物質」から出来ているんです。
心が通じ会話が出来ても不思議ではないのです。

壊れた目覚まし時計も、機械(アンドロイド)であるロイドも、
人間である安堂麻陽も、実は同じ「思考する物質」で出来ているのです。

ロイドの機械に対する優しい気持ちは時計に通じ、
その時計は再び動き出します。
そしてその気持ちは麻陽に通じ、一度はゴミ箱にまで捨てた
その時計を大切に扱うようになります。

「心がある」ということは「意志を持っている」ということ、
想いが通じれば宇宙の万物がそれに応えてくれる意味がここにあります。
安堂ロイド?A.I. knows LOVE??OFFICIAL BOOK

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。