★宇宙の法則とは?

宇宙には大きな力があって人と繋がっている。
強く心の中でイメージしたものは必ず現実となる。
同じ性質を持ったものはお互いを引き寄せる。
言葉には大きな力がある。
楽天思考が幸せを呼び寄せてくれる。


最近の記事

お金持ちマインドの育て方


(お金持ちマインド)の育て方 / 中野裕弓
中野裕弓さんによる
本当の豊かさを引き寄せるための
「富の習慣」、マインドの育て方について
書かれた本です。

ジョセフ・マーフィー博士はいつも
「宇宙の富は無限大」と語っていました。

中野裕弓さんもまたプロローグの中で
「お金は降ってくるもの、しかも無制限に」と
書いています。

自分の心の中に「お金持ちマインド」が育つと
いくらでも富が集まってくるのですね。

ここで書かれていることで一番大切なことは
「豊かさの似合う人になる。」ということです。

人は何かになろうとする時、
まずそれにふさわしい人になっておく
必要があるのですね。
「お金持ち」になるためにはまず
「お金持ちにふさわしい」自分になることが
大切なのです。

そんなこと言ったって現実にお金が無いんだから
豪邸に住んだり、外車に乗ったりなんか
出来ないじゃないか!

いえいえそうではないのです。
「お金持ちにふさわしい」人、
「豊かさの似合う人」というのは
持っているものや住んでいる家、外観では
ないのです。

心の中や毎日の習慣、ものの考え方が
「豊かさが似合う」ようになっているか、が
大切なことなのですね。

たとえ賃貸の小さな部屋で暮らしていても
そこはいつもきれいに掃除されていますか?
キチンと整理整頓され、モノを大切にする
心であふれていますか?

古い服を着ていても、ちゃんと洗濯され
シワがのばされていますか?

豊かな人を見て嫉妬心などを抱いていませんか?
たとえ1円、10円でも大切にして
感謝をもって使っていますか?

経済的に苦しいからと、しかめっ面で
肩をすぼめて歩いていませんか?

今の自分の状況の中でも感謝できることを
探して、笑顔で「ありがとう」が言えていますか?
悲観的・否定的なことばかり考えていませんか?

こういったことが出来ていないと
とても「豊かさが似合う」とは
言えないですよね。

まずは「富の習慣」を身につけること、
これがワクワクしながらツキを呼び込む
よりよい人生へのはじめの一歩となるのですね。

この本では他にも「直観を大切にすること」や
「マインドブロックを手放す」など
マーフィー博士の本でもおなじみの事柄が
分かりやすく書かれています。

心の中に満たされている気持ちや考え方で
自分のまわりの状況がどんどん変わっていく…
著者自身がそういった経験をされているだけに
納得できることがいっぱいです。

さぁ、暗い顔ばかりしていないで
今日から「お金持ちマインド」でいきましょう!
(お金持ちマインド)の育て方 / 中野裕弓


気づいて豊かになれる30のメッセージ


幸運のからくり / 中野裕弓
中野裕弓さんは元は外資系銀行で
ストレスをいっぱいためて働いていた
OLだったのですが、ふとした事から始めた
瞑想で人生が激変、ワシントンDCにある
世界銀行からヘッドハントされて
日本人初の人事マネージャー、
カウンセラーとして大活躍をされた方です。

「運の達人」でもある彼女が
豊かになるために、まず薦めるのが
「自分を大好きになって、自分を大切にする。」こと。

「がんばる人」ではなく
「楽しめる人」になることが大切と言います。
人生のすべては「楽しむため」にあるのです。

たとえば小さなこと「大好きなCDを聴く」ことや
「おいしいケーキを食べる」ことさえ
幸運につながっていくのです。

宇宙には「引き寄せの法則」という原理があります。
同じような性質のものは引き寄せ合うという法則です。

「がんばる」ことは大切なことなのですが、
あまりにもがんばりすぎるとそれは
「悲壮感」や「背水の陣」といった
マイナスの感情になってしまうことがあります。

そうなってしまえば、がんばればがんばるほど
自分のまわりに「苦しい現実」が
集まってきてしまうのですね。

自分を宝物のように扱って
毎日をていねいに生きる。
身の回りの小さなことにも感謝を見つけて
幸福感に包まれて生きる…
幸運が自分まわりに集まってきます。

世界最高峰の1つという場所で
コンサルタントまで務めた著者は
「楽しむ」ことの大切さを教えてくれます。

がんばっても、がんばっても
なかなか自分の思うようにならないと
嘆く前に、まず自分自身の生き方をチェック
してみることです。

毎日をていねいに生きていますか?
自分を大切に、毎日楽しく生きていますか?

豊かになれば楽しくなるのではなく、
楽しくなれば、自然と豊かになっていくのですね。
幸運のからくり / 中野裕弓


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。