★宇宙の法則とは?

宇宙には大きな力があって人と繋がっている。
強く心の中でイメージしたものは必ず現実となる。
同じ性質を持ったものはお互いを引き寄せる。
言葉には大きな力がある。
楽天思考が幸せを呼び寄せてくれる。


最近の記事

宇宙の根っこにつながる生き方


宇宙の根っこにつながる生き方 / 天外伺朗
この本の著者、天外伺朗さん
SONYのあのロボット"AIBO"開発の
責任者を務められた人、
先端技術の研究・開発に携わって
こられた方です。

この第一級の科学者が
「科学」と「あの世」の接点をさぐります。
そして
「宇宙のしくみを知れば人生が変わる」
「宇宙の愛を感じるのが本当の幸せ」と
結論を語ります。

天外伺朗さん以外にも、多くの科学者が
理論だけではどうしても納得できない、
何か特別な力について語っています。
科学の研究を極限まで掘り下げると
どこかで人智では納得できる答えの得られない、
不思議な力の存在に辿りつくのかもしれません。

この著書の中ではたくさんの印象深い
言葉が書かれています。
たとえば否定的な感情については
「自分の外側で起きた事象によって
 否定的な感情が生まれるのではなく、
 意識の内側に否定的な感情があるから
 それに応じた現象が外側に起きる」と
明確に語ります。

簡単に言えば
何か困ったことが起きたから
暗い気持ちになってしまうのではなく、
心の中に暗い気持ちがあるから
それに応じた困ったことが起きるのだと
言っているわけです。
------------------------------------------
・心の中で想うことが現実となる。
・否定的な感情は否定的な現象を呼ぶ。
------------------------------------------
世界に誇る最先端ロボットを開発した
科学者が辿りついたのは、疑う余地のない
宇宙法則だったのです。

先に述べた京セラの稲森和夫さんも
同じようなことをその著書「生き方」の中で
語っています。

・「生き方」の記事はこちら

遺伝子を研究して「サムシング・グレート」
人類の英知を超えた「偉大なる何か」に
辿りついた村上和雄さんも、やはり
同じ力を感じたのでしょう。
生命の仕組みについて
「この設計図は偶然出来たとは考えられない。
 何者かが意図的に作ったと考えないと
 合理的な説明が出来ない。」と語っているのです。

・「サムシング・グレート」の記事はこちら
科学を極めることは、もしかしたら
「宇宙法則」に辿りつくことなのかもしれませんね。
宇宙の根っこにつながる生き方 / 天外伺朗


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。