★宇宙の法則とは?

宇宙には大きな力があって人と繋がっている。
強く心の中でイメージしたものは必ず現実となる。
同じ性質を持ったものはお互いを引き寄せる。
言葉には大きな力がある。
楽天思考が幸せを呼び寄せてくれる。


最近の記事

雨の日も、晴れ男〜まるで"PRICELESS"


雨の日も、晴れ男 / 水野敬也
突然リストラされ、家も焼けて…
今、「月9」ドラマで放送されている
木村拓哉さん主演の「PRICELESS」、
一流会社で仕事のできるサラリーマンだった男が
新社長に嫌われ、突然極貧の生活をおくる
ことになります。

ボロアパートに住み、屋台を引っ張りながらも
主人公は笑顔を忘れず、その生活を楽しむように
前向きに生きていきます。

そして今日は最終回、
ミラクル魔法びんとハピネス魔法びんの物語、
主人公金田一の結末は…?


さてここで紹介する「雨の日も晴れ男」
主人公アレックスも金田一さんと
同じような不幸な目に遭います。

幼い二人の神のいたずらで
目覚まし時計が壊れて会社に遅刻することから
不幸が始まっていきます。

その後、仕事で大失敗をする、円形脱毛症になる、
見知らぬ男に殴られる…
とうとう会社をクビになり、家は火事
妻子まで出て行ってしまいます。

「おや?」幼い神さまはアレックスの様子を見て
驚きます。
もっともっと困ったり、嘆いたりすると
予想していたのに、アレックスのとる行動は
神さまの予想とずいぶん違うのです。

彼はどんな状況になっても、嘆かず
他人を喜ばすことを考えているのです。


その様子を見た神さまは…

人生には何度も自分が望まない状況が
訪れます。

そんな時、どんな風に生きればいいのでしょう。
人生で一番大切なことは何?
どんなに辛くても、悲しくても
人生は捨てたもんではないのです。

こんな風に生きていれば、幸せは勝手に
むこうからやって来てくれます。

明日に希望が持ちたいなら、
ぜひこの本を読んで笑って、泣いてください。

「夢を叶えるゾウ」の作者、水野敬也さんの
クリスマスの夜の物語です。
雨の日も、晴れ男 / 水野敬也



心眼力〜心の目で真実を見る力


心眼力 / 野口嘉則
・あなたは逆境に見舞われた時、
 心が萎えますか?力が湧いてきますか?
・愛する人のことを心から信頼していますか?
・出会う人は競争相手と思いますか?
 仲間と思いますか?

人は肉眼に頼りすぎているため
真に見るべきもの、
見逃してはならない大切なものが
見えていないことが多いのです。

心眼力とは心の目で真実を見る力です。
困難の中で幸せの芽を見つけたり
最も大切なものに意識を集中させたり、
そんな力を持った力のことです。

真の幸せを実現するための法則、
どんな人生にも役に立つ30のメッセージ
読み終えた時、心の中のモヤモヤが
一気に晴れたような気分になりました。

「宇宙法則」や「成功法則」の本をたくさん読んで
充分理解しているつもりだったのに、
こんな当たり前でカンタンなことにさえ
気づくことが出来なかった自分、
野口さんのいう「心眼力」があれば
今までの人生が根本から変わるかもしれません。
------------------------------------------
・幸せ実現力を磨く
・柔らかく自由に生きる
・すべてと調和する
------------------------------------------
がんばるだけが、すべてではないのですね…
心眼力 / 野口嘉則

3つの真実がピンチを救う


3つの真実 / 野口嘉則
同じく野口喜則さんの書かれた本
「3つの真実」です。
この本の中にも大切な宇宙とのつながりが
しっかりと書かれています。

成功法則を実践し、
会社を大きく発展させた男が
突然大ピンチをむかえます。
原因はなんと「部下の裏切り」です。

途方にくれる男の前に現れたひとりの老人、
彼が語る3つの真実とは…

この老人の奥の深い言葉の中にも
「宇宙の偉大な叡智」が出てきます。

ユングのいう"集合的無意識"のような
ものかもしれません。
村上博士のいう「サムシング・グレート」
かもしれません。

老人によってこの「宇宙の偉大な叡智」と
つながっていることを教えられた男は
今までの自分の生き方を見直し、
次のステップへと進んでいけるようになるのです。

「君が真の豊かさを実現するためには
 “3つの真実”を知る必要がある。」

老人のこの言葉は私たちにたくさんの
"気づき"を与えてくれます。
そして未来への希望を与えてくれます。
3つの真実 / 野口嘉則



鏡の法則に見る問題の解決法


鏡の法則 / 野口嘉則
「鏡の法則」野口喜則さんの書かれたこの本、
数年前にインターネットで爆発的に広がり
大ヒットした書物です。
当時は「読んだ人の9割が涙した。」といわれました。

鏡の法則のタイトルには副題が付いています。
それは
「どんな問題も解決する魔法のルール」
というものです。

息子がいじめにあっていて悩んだ母親が
あるコンサルタントにこのことを相談します。
そしてそのコンサルタントは驚くべきことに
息子のいじめの原因を母親の中に見つけるのです。

まさにタイトルにあるように
「人生は自分の心を映し出す鏡」なのです。
息子のいじめも結局は母親の心の中が
鏡に映って自分の前に現れたにすぎなかったのです。

・心でイメージしたことは現実となって現れる。
・人と人とはすべて大きな集合体のようなもので
 つながっている。
・誰かを責めることをやめ「許す」ということを
 心に決めれば、やすらぎが手に入る。

息子のいじめの現実、母親の心の中、
そしてコンサルタントの助言、
すべてが宇宙の法則の通り動いていることが
分かります。

幸せな人生の実現のために、
まだこの本をお読みになっていない方は
ぜひお読みください。

息子がいじめに遭うという、深刻な悩みでなくても、
多くの人は心の中で思い通りにならない人生について
大なり小なり、悩みや憤りを抱いているのでは
ないでしょうか?

問題を解決し、望む人生を実現する秘訣
それはこんなに身近なところにあるのです。

愛と感動の真実のストーリーが
あなたにそのことを教えてくれますよ。^^
鏡の法則 / 野口嘉則


人生を充実させるのは"未来記憶"


未来記憶 / 池田貴将
「幸せになりたい!」「成功したい!」
多くの人がこの望みを持っているものの、
具体的に行動出来ずにいます。

人間は本来怠け者なのかもしれません。
「やらなくちゃいけないこと」は
分かっているのに、なかなか最初の1歩が
踏み出せないでいるのです。

イメージする力が結果を呼び込む。
〜宇宙法則の大原則をこの本の著者
池田貴将さんは"未来記憶"という言葉で
教えてくれています。

「やらなくちゃいけないこと」が
「やりたくてたまらないこと」に
変わったとしたらどうでしょう。
今まで行動出来なかったことが、
どんどん動き出すのではないでしょうか?

なんせ「やりたくてたまらない」のですから。

行動するためのエネルギーは実は
"苦しい努力"などではなく、感情を味方に
つけてしまうことなのですね。

"記憶"といえば通常は「過去」のものです。
その人がこれまで経験してきた事や
出会った人が「記憶」として残るのですから。

しかしまだ経験していないことでも、
あたかも実際に起こったことのように
強くイメージしてみたらどうでしょう。

たとえばかっこいい外車が欲しい、
でも今のところ、手に入れる手段もお金もない…

その車を手に入れた自分を強く、強く
イメージしましょう。

何色の車を選んだんですか?
ドアを開ける音は?
車内のインテリア、メーターの配置は?
あのステキな「新車の匂い」はしますか?
エンジンの音はどうですか?

行き先はどちら?
窓から見える風景は?
助手席に乗った彼女の服装は?会話は?

どんどんイメージが膨らみます。

昨日は江ノ島まで出かけて夕日がきれいだったね…
秋には遠出して京都のお寺で紅葉を見よう…

未来の記憶があなたの心の中で育っていきます。
あこがれの車で彼女とのドライブ、どうでした?

この記憶があなたの夢が叶うための方法や
行動するためのエネルギーをどんどん
運んで来てくれるのです。

イメージすることが現実になる。
〜それは分かっていても、どうも上手く
 イメージ出来ない…
そんな人も多いですね。

世界一簡単に夢がかなう計画の立て方、
未来記憶が人生を充実させてくれそうです。
未来記憶 / 池田貴将

道をひらく宇宙の法則〜托鉢僧の悟りは…


道をひらく宇宙の法則 / 池口恵観
「宇宙の法則」はいろいろなジャンルの
第一線で活躍される人達が、それぞれの
経験や研究の中で辿りついた法則です。

心理学者から科学者、医者、文学者、
起業家、アスリート…
多くの人たちが、この偉大な法則を知り、
そのことについて語っています。

池口恵観(イケグチエカン)さんもそのひとり、
托鉢僧の地道な活動から、
前人未踏の百万枚護摩行成満などを経て
高野山伝灯大阿闍梨・大僧正
現在は最福寺住職、国内外で多くの
客員教授も務める医学博士でもあります。

各界の著名人、政治家から芸能人、
スポーツ選手など多くの人たちが信頼をよせる
名僧が語る人と人生の真実とは…
------------------------------------------
・何をやっても思うようにいきません…
・今いる会社が嫌で毎日辞めたいと思っています…
------------------------------------------
多くの悩みをかかえる人達に向けた
名僧のメッセージ、それは
------------------------------------------
・宇宙とのつながりに目覚めましょう。
・宇宙のエネルギーを取りこみましょう。
------------------------------------------
というものです。

人生を一新し、ツキと幸運をつかむために
名僧が辿りついた真実、
厳しい修行の経験も、医学博士としての知識も
すべてが注ぎ込まれた結論こそが
宇宙とつながるという、力まない自然な生き方。

一瞬一瞬のかけがえのない人生の中で
宇宙に生かされているという自覚が感謝につながります。
そしていつも夢と目標を持つことが
どれだけ宇宙とつながることになるのか、
名僧の教えに心打たれます。
道をひらく宇宙の法則 / 池口恵観


ちびまる子の「そういうふうにできている」


そういうふうにできている / さくらももこ
「ちびまる子ちゃん」の作者
さくらももこさんの著書
「そういうふうにできている」

作者の妊娠、出産のお話なのですが
その中で宇宙の法則につながる
興味深いお話(体験)が出てきます。

出産の時、帝王切開で局部麻酔を
した時のお話です。

この時、彼女の魂は身体を離れ
何か宇宙空間にいるような気がしたのだそうです。

そしてこれを機会に
「魂」「心」「脳」の違いを
考えるようになったのだそうです。

「脳」は身体を制御するコンピューター、
これはなんとなく理解ができます。

でも「魂」と「心」ってどうですか?
なんだか同じ意味のように考えてしまいます。

けれども局部麻酔、帝王切開での出産という、
ある意味極限の体験をしたももこさんによると
「魂」は「気」とか「エネルギー」
そして「心」は「モノ」ではなく「状態」
だと断じてます。

宇宙空間を漂うような不思議体験の中から
感じ取った結論がこれ。

心が状態であるのなら、いつも脳のコンピューターから
送られてくる信号や、魂が発したり受けたりする
エネルギーによって変化しているのは
容易に想像がつきます。

脳で考えたり、魂がエネルギーを受け取ったりすれば
心の状態はどんどん変わっていくのです。

手術中、彼女は
「肉体とは別のエネルギーを感じた。」と書いています。
宇宙空間を彷徨うような感覚の中で
肉体以外のエネルギーを感じていたのです。

人間を構成する原子はもともと宇宙にあったもの、
宇宙空間も人間の体も、「原材料」は同じなのです。

手術中、彼女の魂の持つエネルギーは
宇宙に飛び出しました。
同じく手術中、彼女は宇宙からのエネルギーを
感じとっていました。

宇宙と人間の心は間違いなくつながっています。
いつでも交信できるように作られています。

ももこさんの言葉を借りると
「そう、まる子も人間、人間も宇宙の生命体、
 そういうふうにできている。」のです。
そういうふうにできている / さくらももこ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。